MENU

全身脱毛の流れ 〜全身脱毛とホルモンバランスについて!〜

 

 

 

 

  

 

 

     ※ こちらは、『ジェイエステティック』 の、お得な、体験キャンペーンです!

 

 

 

 

 

     全身脱毛をすると、ホルモンバランスが、
     崩れるというのは本当なでしょうか?

 

 

 

     ホルモンは我々の身体に様々な影響をもたらしていて、
     体毛にも大きな影響を与えています。

 

 

 

     そして、全身脱毛を行うと、ホルモンバランスが、
     崩れてしまうという噂話があります。

 

 

 

     ホルモンバランスが崩れる事で、「体毛が濃くなった」、
     などという話があるのですが、全身脱毛を行ったからといって、
     ホルモンに影響を与えるという事は無いので、
     その点については心配しなくても良いです。

 

 

 

     脱毛する際に照射するフラッシュ(光)には、
     ホルモンに影響するような、血管やリンパにまでは到達せず、
     お肌の表面部分にしか、影響を与えないのです。

 

 

 

     ただ、硬毛化や増毛化と呼ばれる現象は、
     エステやクリニックで処理した際に、心配されるリスクとしてあり、
     これらの症状が現れると、脱毛したはずなのに、
     毛が太くなったり、毛量が増えてしまうという事はあります。

 

 

 

     これに関して、詳しい原因については、
     まだ分かっていないのが現状であるのですが、

 

 

 

     ホルモンバランスが崩れているからというのではなく、
     光を照射した際に熱を、発生させるのですが、
     その、「熱エネルギーが、細胞を活性化させてしまうこと」
     によって、起きる現象であると考えられています。

 

 

 

     どうしてそのように考えられているのかというと、
     硬毛化や増毛化は、産毛の部分を脱毛する際に生じやすいからです。

 

 

 

     産毛の部分は、色素の量が少なく、その分、
     同じ光のエネルギーであったとしても、
     産毛でない部分と比べて、発生させる熱量は少なくなります。

 

 

 

     熱量が少なくなってしまって、毛の細胞に、
     十分なダメージを与える事が出来ず、
     逆に、ほど良い熱となってしまうからではないかと、
     考えられているのです。

 

 

 

 

 

 

『津田沼、脱毛情報.com』トップへ!