MENU

脱毛エステで利用できるパーツ、『Vライン』とは?

 

 

 

    

 

 

     ※ こちらは、『ミュゼプラチナム』 の、お得な体験キャンペーンです!

 

 

 

 

 

     脱毛サロンでは、顔から足の先まで、全身の脱毛施術を、受けることができますが、
     なかでも、近年人気が出ているのが、アンダーヘアの脱毛です。

 

 

     海外では、以前から多くの女性が利用していた、アンダーヘアの脱毛でしたが、
     近年、日本の女性にも、身だしなみとして利用されるようになりました。

 

 

     アンダーヘアの脱毛は、3つの部位に分けられています。

 

 

     そのなかでも、『Vライン脱毛』 とは、体の前面に当たり、
     恥骨から上部の、逆三角形の形をしている部分の、ムダ毛処理になります。

 

 

     また、Vライン以外の部分として、女性器周りを、『Iライン』、
     肛門回りを、『Oライン』 といったように、分けられています。
     (この3つの脱毛をまとめて、”VIOライン脱毛”・”ハイジニーナ脱毛” などと、呼びます)

 

 

 

 

 

 

 

   ※ こちら、ミュゼプラチナム 、”ハイジニーナ7 VIO脱毛コース”、説明画像です/クリックで拡大!

 

 

 

 

     ・Iラインでは、おりものや、尿
     ・Oラインでは、便

 

 

 

     こういった排泄物がが付着しやすい部分でもあり、
     脱毛をすることで、デリケートゾーンを、衛生的に保つ役割も持っています。

 

 

     『Vライン脱毛』 では、直接排泄物が付着する部分ではありませんが、
     ショーツの形によっては、はみ出してしまう可能性もあります。

 

 

     脇毛など、ムダ毛が生えている状態を、他の人に見られるというのは、
     非常に恥ずかしいものですが、ムダ毛がショーツから、はみ出ていのは、
     同じ女性に見られたとしても、とても恥ずかしいものです。

 

 

     Iラインでは、Tバックショーツを着用する人には、
     処理が欠かせない部位でもありますが、
     Vラインは、一般的なショーツであっても、身だしなみとして、
     欠かせないものであり、脚の付け根部分の形を整える程度に、
     処理されることが多いものです。

 

 

     Vラインの三角形の角度は、自由に設定することができるので、
     鋭角な二等辺三角形にしておけば、どんな形のショーツでも安心です。

 

 

     さらに、Vラインは、三角形の他にも、好きな形にすることもできます。

 

 

 

     ・台形
     ・楕円形
     ・円形
     ・ハート型
     ・長方形

 

 

 

     など、あなたの好みに合わせて、残すことができます。

 

 

     脱毛施術を受ける際には、予めご自分で希望の形に自己処理をして、
     ムダ毛を整えておく(シェーバーなどで、剃っておく)必要があります。

 

 

     剃ったばかりのお肌は、デリケートな状態にもなっているので、
     光を照射してしまえば、肌トラブルの原因にもなります。

 

 

     ですから、デリケートゾーンの脱毛をされる、
     前日か前々日に自己処理をしておけば、安心です。

 

 

 

 

 

 

津田沼の脱毛サロン一覧へ!(トップページ)