MENU

脱毛後にアトピーに!?

 

 

 

    

 

 

     ※ こちらは、『ミュゼプラチナム』 の、お得な体験キャンペーンです!

 

 

 

 

 

     見た目の美しさを考えて、顔や脛(すね)、腕になどのムダ毛を無くすため、
     最近では脱毛される方が増えており、その脱毛方法(自己処理の方法です)には、
     カミソリで剃る以外に、ワックスを塗ったり、ガムテープを使って抜き取る方法、
     家庭用レーザー脱毛器で、焼き切る方法などがありますね。

 

 

     どの方法で処理(脱毛)されるにしても、”毛を抜く” という意味でなら、
     一定の効果を持つため、見た目はもちろん、良くなりますが、
     どの方法で脱毛されるにしても、実際に行う際には、
     脱毛後のデメリットも、しっかり理解しておく必要があります。
     (自己処理の場合、お肌への負担が多いですし、脱毛器も誤使用のリスクが高いです...)

 

 

     そのデメリットのひとつにあるのが、アトピーの発症リスクの増加です。

 

 

     そもそもアトピーとは、

 

 

     日常生活で、雑菌や埃(ほこり)などが、お肌に付着したり、
     紫外線などの刺激物が、お肌に当たった場合、侵入してきた、
     それら刺激物に対して、防御反応が働き、攻撃を行います。

 

 

     本来は良いことなのですが、この攻撃が、過剰行われてしまいますと、
     防衛反応のはずが、無害である皮膚の組織まで、攻撃してしまい、
     ひどい痒みを持つ炎症を起こすことになります。(これがアトピーです)

 

 

 

 

 

    

 

    ※ 脱毛サロンでは、お肌のケアについて、しっかりと相談に乗ってくれます。

 

 

 

 

 

     脱毛をすることにより、見た目は良くなりますが、その半面、
     アトピーの原因となる刺激物が触れる面積が、広くなることを意味します。

 

 

     そのため、元々お肌が強い方だったとしても、脱毛を行うことで、
     アトピーを発症してしまうケースというのが、少なくないんです。

 

 

     ムダ毛の処理(脱毛)を行うと、アトピーになるリスクが、
     上がってしまうことを理解して、その上で、処理後に、
     アトピーにならないよう、充分にケアすることが大切です。

 

 

     脱毛サロンなどでは、処理後に、しっかりと保湿してくれますので、
     もし、ご自身でムダ毛の処理をされる場合は、お肌を守るため、
     1日に3回は、保湿ローションを塗ることを、おすすめします。
     (サロンでは、アフターケアの方法なども、丁寧に教えてくれますよ!)

 

 

 

 

    ※ ちなみにですが、すでにアトピーだという方が脱毛される場合は、
      医療機関と提携のある脱毛サロンのご利用が、望ましいと思われます。

 

      また、脱毛を希望される箇所に、ステロイドを塗っている場合、
      ステロイド使用の中止後、2週間の期間を開ける必要があります。(飲み薬の場合は、1ヶ月)

 

 

 

 

 

 

津田沼の脱毛サロン一覧へ!(トップページ)