MENU

美容と健康コラム! 〜60歳以上の男性に起こりやすい、黄班変性症〜

 

 

 

 

 

 

 

    総合エステサロン、『ジェイエステティック では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!

 

 

 

 

 

    『黄班変性症』 とは、目の網膜の中心である、
    黄班部に障害が起こる病気のことだ。

 

 

    カメラに例えれば、フィルムにあたるのが、網膜で、
    その中で、解像度が優れている部分が、黄班部ということになる。

 

 

    従って、黄班部に障害が起こると、視力低下などに繋がるのだ。

 

 

    何故このようなことが起こるのかは、医学が発達した現在においても、
    正確には解明されていないが、ほとんどは、老化が原因と、考えられている。

 

 

    日本でも、年々増加傾向にあり、高齢化社会が進む中、
    今後、注意が必要な病気の1つとして、クローズアップされている。

 

 

    やっかいなことに、両目に出るということはなく、
    どちらか片方に出る症状のため、気付きにくいのが、特徴だ。

 

 

    黄班変性症のリスクが、高くなる要因として挙げられるのが、紫外線やタバコであり、
    また、食生活の欧米化や、化学物質、食品添加物の影響も、考えられている。

 

 

    60歳以上になると、罹患するリスクが急に高くなり、
    男性は、女性の約2倍かかりやすいという、研究発表も成されている。

 

 

    進行する程、治療が困難になる病気なので、
    禁煙や、紫外線カットのサングラスの着用、
    野菜中心の食生活に変えるなどの、予防策を取ることが大切である。

 

 

    全身疾患との関連性では、動脈硬化との関わりが大きく、
    家族に既往歴がある場合は、若い内から発症することがあるので、要注意だ。

 

 

    予防医学の考え方が、広まりつつある今日だが、
    眼科分野においては、まだまだ、症状が出てから受診するケースが多い。

 

 

    もはや、眼科分野においても、予防医療は欠かせなくなっている。
    ぜひ、眼科も定期受診し、目の健康に留意されることをお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

      

 

   総合エステサロン、『ジェイエステティック』では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!