MENU

美容と健康コラム! 〜目の老化を防ぐには、何が大切?〜

 

 

 

 

 

 

 

    総合エステサロン、『ジェイエステティック では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!

 

 

 

 

 

    目の仕組みはカメラの構造とよく似ており、
    眼内には、水晶体というレンズの役割を果たす物がある。

 

 

    この水晶体が、カメラのオートフォーカスの様に、
    遠くを見る時は薄くなり、近くを見る時は膨らんだりして、調節するわけである。

 

 

    そして、カメラでいうところのフィルムにあたる、
    網膜に自動的に焦点を合わせ、対象物を脳で認識するわけだ。

 

 

    40歳を越えた辺りから、この水晶体は硬くなり、
    弾力性が落ち膨らみにくくなるため、焦点が合う範囲が狭くなってくる。

 

 

    これが老眼の原因なわけだが、
    肌が加齢すると劣化するように、誰にでも起きる老化現象である。

 

 

    この老化の流れを、どれだけ遅らせることができるかどうかが、
    老眼対策の重要なポイントである。

 

 

    では、少しでも目の老化を遅らせるには、どうすればいいのだろうか。

 

 

    水晶体は、紫外線を受けると活性酸素が発生し、
    それによって、水晶体のタンパク質が変性し、衰えていく。

 

 

    したがって、紫外線をなるべく避けることが、
    目の老化を避ける上で、大切なことだ。

 

 

    サングラスをかけ、帽子をかぶることで、
    少しでも紫外線を目に入れないことが、肝要だ。

 

 

    また、老眼と疲れ目は、非常に密接な関係にある。
    実は目の調整力は、10代から、徐々に低下している。

 

 

    どんなに昔から目がいいと言われている人でも、
    50代半ばになると、老眼鏡を必要とすることが増えてくる。

 

 

    昔からのイメージで、
    老眼鏡はお年寄りがするものと思いがちだが、パソコンの普及などにより、
    これからは、ますます老眼鏡の使用が早まる人が、増えてくるだろう。

 

 

    これからは。外出中と部屋の中にいる時、さらには、
    本を読む時だけ使用するメガネなど、複数を使い分ける時代になってくる。

 

 

    そんな時でも、遊び心と楽しみを忘れず、
    いい、「メガネライフ」 を、送れるようにしたいものだ。

 

 

 

 

 

 

      

 

   総合エステサロン、『ジェイエステティック』では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!