MENU

美容と健康コラム! 〜目にいい食品と、栄養素は何か?〜

 

 

 

 

 

 

 

    総合エステサロン、『ジェイエステティック では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!

 

 

 

 

 

    メガネは、近視や遠視、または、乱視といった、
    屈折異常や、老眼といった、調節異常を矯正するもので、
    本来、正しいメガネの矯正であれば、楽に焦点が合うはずなので、疲れないはずだ。

 

 

    ところが、度数が合っていなかったり、メガネを作る時に、
    レンズの中心をきちんと合わせていなかったりすると、疲れ目の原因となってしまう。

 

 

    また、左右の視力に差がある人は、
    度数通りにメガネを作っても、目が疲れやすいので、注意が必要だ。

 

 

    その理由は、左右の目で見たものの大きさが、微妙に異なるからであって、
    左右それぞれの情報を、脳でうまく統合できないことから、
    目が疲れたり、気分が悪いといった、症状が起こるのだ。

 

 

    メガネを掛けていて、目が疲れるようなら、
    そのメガネは、自分に合っていないということだ。

 

 

    どんなによく見えても、疲れるメガネなら、
    掛けない方がマシだが、それでは持っていないのと同じことである。

 

 

    メガネを作る際には、「よく見えるメガネ」 ではなく、
    「掛けられるメガネ」 を、選ばなければならない。

 

 

    メガネ店の中には、掛けられるメガネより、
    よく見えるメガネを、作ろうとするところもある。

 

 

    日常生活に欠かせない、自分の手足となるメガネは、
    必ず、試しかけをするようにしよう。

 

 

    自分の納得いくまで確認することが大切だし、
    それを疎んじるメガネ店は、避けた方がいい。

 

 

    名の通ったメガネ店だからいいというものではなく、
    どんな質問を投げかけても、丁寧に納得のいく説明をしてくれる、
    優秀な検査員を見つけられるかどうかが、
    自分に合ったメガネ作りの、ポイントと言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

      

 

   総合エステサロン、『ジェイエステティック』では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!