MENU

美容と健康コラム! 〜皮膚のトラブルの主な原因、ドライスキンに注意〜

 

 

 

 

 

 

 

    総合エステサロン、『ジェイエステティック では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!

 

 

 

 

 

    手の荒れや肌荒れは、日常、誰しも気になることの1つだ。
    皮膚のかゆみも含めて、その原因の多くは、ドライスキンにあると言われている。

 

 

    ドライスキンとは、文字通り皮膚が乾いた状態のことだ。

 

 

    様々な原因によって、表皮角質層の水分が失われ、
    皮膚本来のバリア機能が低下してしまい、
    手荒れや肌荒れ、皮膚のかゆみなどの、症状が起こってしまう。

 

 

    防止策としては、乾燥に対する正しいスキンケアが必要だ。

 

 

    手がドライスキンになりやすいのは、一番に主婦である。

 

 

    炊事や洗濯、掃除などで、手を使うことが多いため、
    水仕事や洗剤の刺激などで、皮膚のバリアが失われやすいからだ。

 

 

    その結果、ドライスキンによる、手荒れや湿疹などが、できやすくなる。

 

 

    男性は50歳、女性は40歳ぐらいから、ホルモン分泌の影響で、
    皮脂の分泌量が減り、皮膚が乾燥しやすくなる。

 

 

    こうした皮脂の欠乏による、ドライスキンの症状は、
    ”皮脂欠乏症” と呼ばれ、いずれの場合も、
    適切なスキンケアや、日常生活での注意を守ることで、改善することができる。

 

 

    ドライスキンは、もともと、角質層に水分を含む力が弱いため、
    水分の拡散を防ぎ、効果を持続させるため、皮表を、脂分で覆っておく必要があるのだ。

 

 

    多くの商品が発売されているし、皮膚科の医師が、
    共同開発している製品もあるので、よく相談して使ってみよう。

 

 

    日常生活で注意すべきことは、

 

 

 

   ・「肌を清潔に保つ」
   ・「乾燥を防ぐ」
   ・「生活環境を整える」

 

 

 

    の、3点に集約される。

 

 

    ドライスキンになりやすい人は、部屋の湿度が下がらないように気を配り、
    水仕事の段取りの工夫や、手袋の使用などで、予防するように心がけよう。

 

 

 

 

 

 

      

 

   総合エステサロン、『ジェイエステティック』では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!