MENU

美容と健康コラム! 〜環境ホルモン汚染からくる、皮膚疾患に注意しよう〜

 

 

 

 

 

 

 

    総合エステサロン、『ジェイエステティック では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!

 

 

 

 

 

    「夕焼け小焼けの赤とんぼ」 の出だしで有名な童謡、
    『赤とんぼ』 の歌詞に出てくるような風景は、
    都会はもちろんのこと、田舎ですら、最近見かけることは少なくなった。

 

 

    二酸化炭素を始めとした、温室効果ガスの排出増大を主因とした、地球温暖化、
    フロンによる、オゾン層の破壊など、深刻化する環境汚染が、現代人の身体を蝕みつつある。

 

 

    環境汚染による健康被害で、大きくクローズアップされるのに、
    「環境ホルモン」 の問題がある。

 

 

    一般にホルモンと言えば、人間や動物の、生体内で分泌する物質のことだ。

 

 

    これは天然のホルモンで、主に血液を介して体内を循環し、
    胎児の成長や、体内活動をコントロールしている。

 

 

    これに対して、環境ホルモンは、
    人間が作り出した化学物質中に含まれる、ホルモンと似た作用を持つ物質のことで、
    ダイオキシンや有機スズなどが、それにあたる。

 

 

    アトピー性皮膚炎や、アレルギー性鼻炎に関して、
    環境ホルモンによる、大気や水道水の汚染の影響があると考えられており、

 

 

    特に、ごみの燃焼や、産業廃棄物から発生するダイオキシンは、
    発がん性や、精巣を萎縮させる生殖異常を、引き起こす恐れがあると言われており、
    早急に効果的な対策が求められている。

 

 

    対策としては、できるだけ、環境ホルモンを含んだ物質に触れないことだ。

 

 

    なかでも、成長期にある子供や、
    これから出産を控えた女性は、特に注意が必要となる。

 

 

    具体的には、殺虫剤などの化学物質を避け、
    環境ホルモンの予防となる、野菜や果物を、たくさん食べることが大切だ。

 

 

    そのことが、自身の健康な肌を守ることだけでなく、
    家族の幸せを守ることにも繋がっていく。

 

 

    人類の歴史を、子孫に引き継いでいくためにも、
    ダイオキシンなど、環境ホルモンについて学ぶことを、オススメしたい。

 

 

 

 

 

 

      

 

   総合エステサロン、『ジェイエステティック』では、脱毛以外にも、肥満遺伝子の検査が受けられます!