MENU

ダイエットコラム|”痩せている = 美しい” か?

 

 

 

 

 

 

    ※ こちらは、ジェイエステティック のお得な、肥満遺伝子検査・500円OFFキャンペーンです!

 

 

 

 

 

     かつては、大家族が主流で、”家” ありきだった、
     日本の家族社会も、高度成長期に入ると、価値観が多様化し、
     ”家” よりも、”個人” を、大切にするようになった。

 

 

 

     建物も、一戸建てより、団地やマンションが増え、
     休日の食事は、家でするのではなく、
     レストランですることが増えた。

 

 

 

     他人との違いを出すため、子供たちは競争させられ、
     女性の社会進出に繋がり、バブル景気が訪れたころには、
     女性と男性の立場は、表面上、完全に逆転していった。

 

 

 

     しかし、依然として、男性優位の社会の壁は厚く、
     結婚適齢期になると、肩叩きされるのは、変わらない。

 

 

 

     そこで、自分を少しでも価値のあるものに見せるため、
     ダイエットは、必須のものになっていったのである。

 

 

 

     また、男性との間だけでなく、
     女性との競争も、80年代以降の特徴である。

 

 

 

     高い経済力を維持し、名声を持ち続けるためには、
     痩せることが大事という認識が、強くなっていった。

 

 

 

     文化として、「痩せることの美学」 が、浸透したのは、
     社会の中での、女性の役割の変化と、関連している。

 

 

 

     結婚して、共働きを続けるには、
     痩せていないと、仕事がないと考える人も多い。

 

 

 

     痩せていることが、成功への道と考えている女性が、
     実に多く、痩せている方が、綺麗で可愛らしいとも、
     多くの女性が思っている。

 

 

 

     しかし、理想の女性像とは何だろうか。

 

 

 

     それは、時代と共に変化していくものだが、
     体型が持つイメージに左右されることなく、
     活き活きとしている女性にこそ、男性は惹かれるものなのだ。

 

 

 

     「痩せている = ポジティブ」
     では、決してないことを、覚えておこう。

 

 

 

 

 

 

   

 

  津田沼で、脱毛と痩身(ダイエット)エステが、受けられるサロンは、『ジェイエステ』『TBC』の2店舗!

 

 

 

 

 

 

 

 

『ジェイエステティック 津田沼店』サロン情報へ!