MENU

ダイエットコラム|痩せているは、ステイタス?

 

 

 

 

 

 

    ※ こちらは、ジェイエステティック のお得な、肥満遺伝子検査・500円OFFキャンペーンです!

 

 

 

 

 

     1967年来日した、モデルのツイッギー(本名レズリー・ホーンビー)が、
     流行させた、”ミニスカート” は、単なるファッションに留まらず、
     女性のイメージを変える、エポックメイキングとなった。

 

 

 

     それまでは、理想の女性像と言えば、
     ふくよかな母親、いわゆる、母性的女性像だった。

 

 

 

     家庭に入った時に、家事や子育てが、
     しっかりできるイメージが、大事だったのである。

 

 

 

     しかし、女性の社会進出が進むにつれ、
     スリムな体型が、社会の中で認められるための、
     必要条件だという考えが、広まっていった。

 

 

 

     活動的で行動的な女性像、その象徴が、ツイッギーだったのである。

 

 

 

     また、1960年代後半から、70年代前半にかけては、
     いわゆる団塊の世代が、社会人となっていった時代である。

 

 

 

     団塊の世代の親は、「男性が働き、女性が家庭」
     という図式の元に、生活を送ってきた。

 

 

 

     そのため、本当は働きたいと思っていた女性も、
     子育てに、専念していたのである。

 

 

 

     当然、子供には、自分と同じ思いをさせたくないと、
     「自立」 を目指すよう、教育され、

 

 

 

     ・結婚よりも、自立
     ・家庭よりも、仕事
     ・子育てより、自分の楽しみ

 

 

 

     という現在に繋がる、晩婚化・少子化の流れは、
     すでに、この時点で作られていたと言える。

 

 

 

     その流れの中で、1980年代に入ると、
     「痩せていることに、価値がある」となり、
     痩せた女性が、社会進出して成功を収めた姿が、マスコミを賑わし、
     益々、痩せていることの価値が高まっていった。

 

 

 

     しかし、本当に、それでいいのだろうか。

 

 

 

     ダイエットそのものを、否定するつもりはないが、
     過度なダイエットは、さらなる、健康被害を生む。

 

 

 

     そろそろ、見せかけの美しさではなく、もっと、
     内面を育てることの大切さに、気付いてもらいたいものだ。

 

 

 

 

 

 

   

 

  津田沼で、脱毛と痩身(ダイエット)エステが、受けられるサロンは、『ジェイエステ』『TBC』の2店舗!

 

 

 

 

 

 

 

 

『ジェイエステティック 津田沼店』サロン情報へ!