MENU

脱毛の豆知識! 〜海外の脱毛事情について〜/津田沼、脱毛情報.com

 

 

 

 

  

 

 

     ※ こちらは、『ジェイエステティック』 の、お得な、体験キャンペーンです!

 

 

 

 

 

     ここ、日本国内においては、ごく一般的に、
     「脱毛サロン」 という名前が、浸透していますが、

 

 

     それでは、海外の脱毛事情が、どうなっているのかというと、
     日本国内の場合とは、少しまた違っています。

 

 

     「海外と日本の、脱毛の違い」 についてですが、

 

 

     日本国内の場合は、一般的に、脱毛をしていて、
     ”ツルツルとしたお肌” が、最も美しいと、されています。

 

 

     まず、

 

 

     アメリカの場合の、脱毛事情をみていくと、
     特に、”VIO脱毛が重視” されている傾向にあります。
     (VIO脱毛:デリケートゾーンの、お手入れ)

 

 

     ただ、ワキ毛などは処理せずに、そのまま放置する人も、
     少なからずいる傾向にあります。

 

 

     こうみても分かるように、アメリカでは、
     デリケートゾーン以外は、そこまで気にしない、
     傾向がみられます。

 

 

     日本の場合は、逆に、デリケートゾーンの脱毛は、
     あまり気にしない人が多いです。

 

 

     脱毛している人は、少なからずいますが、
     完全に処理してしまう人は、少数派となっています。

 

 

 

 

 

  

 

     ※ 『ジェイエステティック』、こちらの体験キャンペーンも、人気があります!

 

 

 

 

     続いては、

 

 

     ヨーロッパの内、フランスの場合は、
     脱毛するかしないかの、”個人差が大きい” という、
     傾向がみられます。

 

 

     必ず、脱毛しなければならないと感じている人は、
     そこまで多いというわけでは、ありません。

 

 

     フランス人の場合は、色素が、黄色人種である、
     日本人よりも薄いため、そこまで体毛を、気にしないという人も、
     少なからずいます。

 

 

     また、人によっては、自然な感じに生えている体毛の方が、
     キレイにみられる場合もあります。

 

 

     ただ、デリケートゾーンについては、処理している傾向にあり、
     ヨーロッパの多くの国々で、エチケットとして、
     デリケートゾーンの脱毛を、行っています。

 

 

     一方、

 

 

     宗教上の理由で、体毛を剃ることが、
     義務付けられているという、地域もあります。

 

 

     中東の、イスラム教を信仰する国においては、
     ”体毛を剃ることが、義務” として、課されていることもあり、
     男女ともに体毛を剃っています。

 

 

     もし、こういった国に、出かける予定があるのであれば、
     脱毛に関しては、日本国内で済ませて行かれる方が、良いでしょう。

 

 

     渡航後、脱毛が必要になったとしても、海外の場合、
     衛生面や安全性において、日本よりも劣っている場合が多いので、
     なるべくなら、避けたいところです。

 

 

 

 

 

 

『津田沼、脱毛情報.com』トップへ!