MENU

ダイエットコラム|痩せている女性はモテない!?

 

 

 

 

 

 

    ※ こちらは、ジェイエステティック のお得な、肥満遺伝子検査・500円OFFキャンペーンです!

 

 

 

 

 

     『ローマの休日』 で有名な、オードリー・ヘップバーンは、
     昔から日本人女性の憧れで、時が流れ、21世紀に入ってからも、
     変わらぬ人気を誇っている。

 

 

 

     小柄でキュートな顔と、引き締まったスタイルが、
     人気の秘密なのだが、宝塚を連想させる雰囲気も、
     日本人の感性に合うのだろう。

 

 

 

     一方、同じ年代に、セックス・シンボルとして、
     一世を風靡した、マリリン・モンローに対しては、
     現在では、それほど、憧憬の念を抱くに至っていない。

 

 

 

     グラマラスな体型は、現代日本人の感覚には、
     合わないものなのだろうか。

 

 

 

     昔の映画を観ていれば、よくわかることだが、
     裕福な人間の象徴の1つとして、肥満体型があった。

 

 

 

     しかし、「肥満は。健康に有害」 との、認識が広まるにつれ、
     1970年代以降は、セレブ達は、引き締まった身体が、
     富の象徴と示すようになり、

 

 

 

     体型のコントロールができない人は、
     自分自身もコントロールできない人と、みなされ、
     会社で出世できないといった、極端なことさえあった。

 

 

 

     日本においても、かつては、ふくよかな女性は、
     いい家庭の象徴という感じがあったが、現在では、
     出産しても、変わらぬ体型を維持することが、
     かっこいいとされている。

 

 

 

     極端なまでに、痩せていることが、美とする風潮の日本だが、
     ラテン系は、特にそうだが、外国では太っていても、
     自信に満ちた、健康的な体格の女性が、人気である。

 

 

 

     それに比べて、日本人女性は、ただ単に痩せているだけで、
     力強さがなく、しなびているような、印象さえ受ける。

 

 

 

     「痩せている = 健康」 と、必ずしも言えるものではない。

 

 

 

     痩せれば、それでいいという考え方を捨て、
     健康的な生活を送る中で、結果、「痩せればいいか」、
     ぐらいの気持ちを持つことが、大切ではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

   

 

  津田沼で、脱毛と痩身(ダイエット)エステが、受けられるサロンは、『ジェイエステ』『TBC』の2店舗!

 

 

 

 

 

 

 

 

『ジェイエステティック 津田沼店』サロン情報へ!